Welcome to

Promoting Healthy

まさか?!わが子が心臓の病気といわれたら・・・

  • Post By:
  • Date:

子どもが心臓の病気といわれたら・・・

「子どもの心臓病」と聞くと、ドラマや小説での中の話のように、あまり身近は出来事では無いと思っていませんか?「わが子は大丈夫だ、わが子に限って・・・まさか」と思っていても、最近は、産科で胎児の超音波検査で心臓の病気が発見されることが多くなってきました。胎児心エコーといわれるものです。ある日突然、お子さんに心臓の病気があるといわれたとき、家族みんなが大きな驚きと、悲しみ、不安に襲われるはずでしょう。それは、心臓の病気重症度とは無関係です。

なぜ、心臓の病気になってしまったのか・・・

ここでは心臓の病気の中でも、先天性の心臓病(先天性心疾患)を例にお話しましょう。先天性心疾患は、生まれれてくる赤ちゃんの約100人に1人の割合で発生するといわれています。先天性の病気の中で最も多い数字です。先天性心疾患は心臓の構造異常です。赤ちゃんの心臓は非常に複雑な過程を経て完成されるため、まだまだ分からないことがたくさんあります。何が最初の原因で心臓のできあがりに異常が起こってしまうのかは、残念ながらまだ多くの事がわかっていないのです。

原因はわからない・・・

両親どちらかの遺伝子が赤ちゃんの先天性心疾患の原因となることもありますが、先天性心疾患の全体から見ればごくわずかです。多くの先天性心疾患はいろいろな多くの要因が関与して発生すると想像されています。複雑ですよね。「心臓の病気になったのは母親のせい」とか「誰かのせいだ」という議論はただ悲しくむなしいだけです。決して「私のせい」と絶対に思わなくていい「誰のせいでもない」のです。わが子が心臓の病気といわれたら、自分たちだけで悩ます、医師、看護師、家族みんなで話し合い、相談していくことをお勧めします。

冠動脈バイパス手術を受ける必要があるなら、医療機関を慎重に選択すべきです。まずは、実際に経験した方々の口コミを参考にしましょう。